ブログトップ

torontolife etc etc etc

dbtletcetc.exblog.jp

Patti 完成

なんとか10日に間に合いました。前日寝る間際までボタン付けをし、当日は夕方からの式だったので、朝からスチームかけまくりで無事完成に至りました。
c0026377_14294214.jpg

pattern: Patti by Sarah Hatton
yarn: シルクラミー by ぴえろ (237g), タスマニア by きんしょう (226g) 2本取り
needle: US#5 (3.75mm), JP#3 (3.00mm)
size: M → S

初のローワン・大人物です。(過去にベビー物を一度だけ編んだことがあります。)ローワンマガジンは貧乏人にはお高いし(笑)、カジュアルな服装しかしない私にはややロマンチック傾向(特に春夏)な気がして買ったことがありません。このパターンはローワンサイトからPDFで購入しました。(なぜだか今はパターンのページが使えなくなってます。)
指定糸はfelted tweed。でも時期的に暑いし、少し張りのある編み地の方がプリーツがきれいにでるんじゃないかと思って最初から麻を使いたいと思っていました。そんな感じで選んだシルクラミーなわけですが、どうなんでしょ?思惑通りになったんでしょうかねぇ??しっかりとスチームをあてたせいなのか、糸のおかげなのかはわかりませんが、いまのところプリーツはまだ生きています。(ちなみに2度着用しました。)

シルクラミーだけで編んで夏用にしようかとも思いましたが、これ用に買ったきんしょうさんのタスマニア(ウール)が大量に残っていたので2本取りに決定。同じ紺系ですが、シルクラミーの方が少し光る感じの糸なので、霜降りのような編み地になりました。ゲージをあわせたつもりでSサイズで袖を編み始めたら、微妙に小さいよ!ということになってしまい、袖10cmほど編んだところから無理矢理Mサイズに変更。最終仕上がりはSサイズになってます。

すごく難しそうだと思ってドキドキしながら編み進めましたが、プリーツも滑り目だけでできあがっちゃうし、編み地もメリヤスとガーターのみ。襟付けも初めてでしたが、意外と何とかなるもんですね(笑)特に難しいことを何もせずに、私レベルの腕でもそれなりに仕上がってくれるあたりに、ローワンパターンのすごさを感じました。




c0026377_14341896.jpgc0026377_14343141.jpgc0026377_14344169.jpg
着てもプリーツがだらんと開いたりしなくてよかった〜。前立てはちょっと曲がってしまって、まだまだ修行が足りないといった感じですが、下に引っ張ればごまかせます(←こんなんばっかり:笑)プリーツの切り替え部分は、計算間違いをしてしまって1cmほど予定より下になってしまいました。前から見る分にはいいんですが、後ろ姿を見るとガーター編み部分が1cm上だったら、もうちょっとすっきりしたのかな?という気もします。

c0026377_14524989.jpgボタンはオカダヤで購入。編み地に近い紺色で、ちょっとマーブルっぽい。1個80円と超お手頃価格。指定は1.7cmなのですが、日本のボタンサイズは1.5cmか1.8cmになってしまうので、1.8cmにしました。薄いボタンなので、特に問題なしでした。



ところで、今回「やったー!!」と思ったこと。それは、きんしょうの糸を1本使い切ったことです(笑)
c0026377_14364824.jpg

ぴえろの糸は100g巻なのでなんとも思わなかったのですが、きんしょうのは1巻240g。このでっかい1巻が細い木の芯のみになった時は妙にうれしかったわー。
ちなみにぴえろの紙芯は32g、きんしょうの木製芯は45gでした。
代替糸を使う時は、いつも長さで計算しています。今回もそれぞれ1600mあればいいんだな、と思ってシルクラミー(420m)を4本注文したんですが、使用したのは約2本半。タスマニアはだいたい1600m使った計算になりますが、シルクラミーの方は余っちゃいました。このへんの計算がなかなか難しいなーと思います。


私は背が低いので、このくらいの丈のジャケットはとても着やすい!タスマニアを使ったおかげで適度に暖かいし、肌寒いここ数日の天気にはばっちりです。このパターンを購入したときにBayも購入したので、またローワンパターンにチャレンジしようと思います。
by assami-db | 2008-05-14 14:55 | 編み物
<< かぎ針強化週間 monica 完成 >>