人気ブログランキング |
ブログトップ

torontolife etc etc etc

dbtletcetc.exblog.jp

Honorine 完成

c0026377_2355747.jpg

pattern :Honorine from magknits
size:36→32
yarn : ウール 100% (ぴえろ) 2本取り/ Pemier 中細 (ニッケ)
needle:US#5, JP#3

変更点
・ウエストシェイプをやめた。
・袖の作り目70目を56目に。8cmまっすぐ編んで、その後は袖の幅が指示通りの目数になるように均等に増やした。
・中央部分のレースも作り目9目のところ、15目に変更。元と同じジグザグ模様だけど、15目用に書き直した。
・レース部分の最後はガーター編み5段で伏せ止め。
・着丈を3cmほど長くした。

修正含め、ようやっと終りました。本体部分はさくさく編んでたんですが、レース部分で失速。思ったより本体が小さく出来上がってしまったため(なんでいつもこうなるかなぁ?試し編みの時は手も気持ちも緩んでるのかしら)、レース部分もそのままで編むと着用不可能なサイズになりそうだったので、変更が必要になりました。作り目11目で試し編み、その後15目で試し編み、その後は首周りの長さ調整...と編んだりほどいたりの繰り返し。おまけに2つに別れた身頃をレース部分でつなぐため、左右均等に綴じなくてはならないので、ここでまた綴じたりほどいたりの繰り返しでした。あんまりゆるくとじつけてしまうと、レースがよれよれになってしまうし、きつくするとつれちゃうし、で予想以上にめんどくさかったです(涙)




c0026377_2382697.jpgサイズはゲージが合わないので36で編んで34に仕上げる予定だったんですが、気がついたら32になってました(汗)
でも下にキャミソールを着るくらいなら、ぴったりなサイズ。大きめに編んでいたら、胸元が開いて気になるような物になってたかも。とりあえず結果オーライ、てなとこです。
それから袖をつけるときに、本体の袖ぐりの方が大きかったので、肩の部分を少々ほどきました。おかげで(?)袖ぐりはかつて無いほどぴったりサイズに仕上がったのですが、その分着丈が短くなってしまいました。一生懸命下に伸ばしながら着てみたものの、どう考えたって短い。

てなことで、初めての解体手術に挑みました。なるべく下の方で2つに切り分けて、下のパーツを編み足して、メリヤスはぎ。4つのパーツを編み直ししたので、最後の方はかなりメリヤスはぎに対する苦手意識がなくなりました。それでも気を抜くとどこを綴じていたかすぐに忘れてしまうので、呪文のように「上から、下から...」とつぶやきながら(笑)結局10cm近く伸ばしました。直した本人としては切断箇所がすぐにわかってしまうのですが、当事者以外は「言われなきゃわかんない」とのことで、まずは一安心。ストレートヤーンなので、アイロンかけたらそれほど気になりませんでした。

今まで hourgrass sweater、 Green Gable、 Tangled York Cardiganと編んで、どれもこれもウエストシェイプが気になってたんですよ。モデルさんや皆さんの着用写真を見ると、すっきりして素敵なんですが、果たして(ウエストはどこですか?って寸胴体型の)私に合っているのか??お店で買うセーターやなんかでウエストシェイプしたものって買ったこと無いし、すっきりは見えるんだけど、自分的になんとなく見慣れなくて...。そんなわけで、今回ウェストシェイプをわざと無くしてみました。まっすぐ編むだけだから楽だし(←おい:汗)
結果は、ウェストなしでばっちりでした!とても好みのラインで着やすいです。丈の短いデザインだと、腰回りがだぶついてしまうのかもしれないけれど、ある程度長さのある物は今後ウエストシェイプなしで行こうと思いました。 hourgrass sweaterもウエストなしで編み直したいなぁ。

Honorineは2006年のパターンで、「今頃誰も編まないだろうし、気にもしてないだろうからのんびり行くか」なんて思ってたら、ちらほらと「待ってます」の声を聞いてしまって焦りました(笑)いえ、やる気をもらいました、の間違いです(汗)
ウールだけど、首周りがあいてるし7分丈なのもあってもうしばらくは余裕で着れそう。初めてシーズンドンピシャな物を作れました(笑)スカートでもパンツでも合いそうだし、いい夏糸がみつかればいつか半袖バージョンも編みたいと思いました。
by assami-db | 2008-03-31 23:15 | 編み物
<< 科学の力! あれ? >>