ブログトップ

torontolife etc etc etc

dbtletcetc.exblog.jp

<   2007年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

phildar オフィシャルサイトでお買い物の巻

c0026377_23373097.jpg いつ見てもおしゃれ〜なニット満載のphildar。春夏物のニットというと、私の中では割とおばさん臭いイメージしかわかないのですが、phildarのは欲しい!編みたい!!と思わせる物がたくさん載っていて、夏物そんなに編まないじゃん!と思いつつ、ついつい買ってしまう1冊だったりします。
今まではベルギーのお店にオーダーしていましたが、今回ベルギーでは売り切れてしまった#436号をついでに購入したいがために、初めてオフィシャルサイトから購入してみました。

オフィシャルサイトでお買い物をするには、まずメンバー登録をしなくてはいけません。ちょっとめんどくさいですが、登録しておけばいくつかのフリーパターンもダウンロードできるし、セール時には5ユーロオフの割引コードなどお知らせも届くしなかなか良いですよ。
フランス語なのでちんぷんかんぷんですが、一度サイトを英語バージョンに切り替えて手順を確認しておけば間違えないし安心だと思います。フランス語を調べるより、英語を調べる方が簡単ですしね。メンバー登録でも買い物でも最後の「登録」とか「確定」ボタンをクリックさえしなければいくらでも戻って取り消すことができます。支払いに必要なのはマスターもしくはビザカード。

ベルギーでは本の送料が1冊5ユーロかつ商品代金が25ユーロを越えたら送料半額なので、ちょうどその間で損しないようにしっかり計算。3冊ならオフィシャルサイトでは送料が14.5ユーロだとわかったので、新しい春夏本を2冊足して注文しました。
で、びっくりしたのが、オフィシャルサイトだとタックスリファンド(おそらく)があるんです。(ヨーロッパ以外から注文すればリファンド対象になると思います。)注文手続きを進めて行き、支払いはカードで払うよ、とクリックすると1冊5.3ユーロの本が4.43ユーロ、5ユーロの本が4.18ユーロになってました。約15%ほど安くなる計算です。

オンラインショッピングは簡単にできたものの、商品到着までにどのくらいかかるのかなー?と思ったらなんと!4月5日に注文して、10日に届きました!!早い!!
まあ、発送関係はお店の混雑具合、郵便の混雑具合、運が良かった、などなどあると思いますが、とにかく想像以上に早くてびっくり。写真の茶色い封筒で破損も無く送られてきましたよ。実際の郵送料が10.5ユーロで済んでるのが気になりましたが(笑)ま、そんなもんですよね。

私個人の感想としては、ベルギーもオフィシャルも同じくらいの便利さ。
ただ通常は、毛糸を買ったりして商品代金が25ユーロ以上になるのなら、送料が半額になるベルギーがお得かな?と思います。私のように送料で損をしないのなら、オフィシャルの方がタックスリファンドがあるぶんお得だと思います。あと、セール時の5ユーロ、10ユーロクーポンがある時ももしかしたらオフィシャルで得するかもしれません。
要はしっかり計算してみるのが一番ということですよね。

せっかく早く届いたので、#468の14のGILETを編む予定です。
ちゃんと着るために早く取りかからなくっちゃ!
[PR]
by assami-db | 2007-04-18 23:49 | 編み物 | Trackback | Comments(2)

green gable 完成

気がついたらもう4月。寒暖の差はあるものの、暖かくなってきましたね。
私にしては珍しく季節にぴったりな物が編み上がりました。
って、実は3月末にはできあがってて、しかも数回すでに着てるんですが(笑)

c0026377_1933497.jpg
pattern : green gable from zephyr style
yarn : cotton fleece #CW-550 Mariner Blue 
(2玉とちょっと。約240g)
needle : US4 & US6
size : S 




最初は久々のコットン糸のせいでなかなか進みませんでした。
しかも前回の投稿で「指が痛くなる」とまで書いていたのですが、かなりきつ〜く編んでいたことが判明。
そういえば目をそろえたい一心で、ぎゅっぎゅっと音がしそうなくらいに編んでたような(笑)
脇の下まで編み終わってみると、「こ、子供用?」と思うような小ささ。編み直すかどうか悩んだあげく、注意書きに「脇まで編んで試着してみて、きついようなら好みの長さまで編み進めてみて」と書いてあったのをたよりに、10段くらい余分に編み進めて着用可能な大きさになりましたた。丈も10段くらい余分に編んだかな?指定通りでもかわいいんだけれど、いちいち背中が見えたりするのを気にしたくなかったので・・・。
c0026377_1926402.jpgあと、増やし目が指定ではk1f&bだったのですが、hour glass sweaterを編んだときにきれいに見えなかったので、下の段からの編み出し増目にしました。脇のように間隔の空くところで使うときれいに見えないけど、ラクラン線のように規則正しく使う分には問題なかったかなぁ?と他の人の作品を見つつ思ったりしましたが、ま、とりあえずこれでもOKな気がしてます。


c0026377_1927534.jpgサイズは、「予想より小さく出来上がる」という噂を耳にしたのと、もともと北米の「ぴたぴたで着る」のに抵抗があるのでSサイズを選択。とは言っても、ゲージががたがたに狂ってしまったから(汗)、目数的にはS〜Mってとこでしょうか。仕上がりサイズはだいたい幅40cm、丈48cmです。ちなみに着るとこんな感じです。
ずっと使ってみたかったcotton fleeceですが、とても編みやすかったです。少々糸が割れるけど、コットン糸だからしかたないですよね。毛糸のカバーに洗濯方法が載っていて、「冷水で同メーカーが出している洗剤とホワイトビネガー1/8カップを入れて洗う。しっかりすすいで、最後のすすぎのときにもホワイトビネガー1/8カップをいれること」とのことでした。
やっぱ米酢じゃダメかなぁ?とホワイトビネガーを買ってくるのに時間がかかって、アップも遅れたのでした(笑)紺色を選んだせいかもしれませんが、洗うと色はけっこう落ちます。水が水色になりました。タオルの上で乾かしたのですが、タオルにもうっすら青色が。使う方は気をつけてくださいね。

ここのところメリヤス編みが続いたので、なにか模様編みがしたい気分。 
次は何にしようかなぁ?
[PR]
by assami-db | 2007-04-10 19:41 | 編み物 | Trackback | Comments(3)