ブログトップ

torontolife etc etc etc

dbtletcetc.exblog.jp

<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

チョコレートパウンドケーキ

c0026377_17123484.jpg久しぶりにケーキを焼きました。
トロントにいたときは、キッチンも食材も自分仕様になってるからしょっちゅう作っていたのですが、さすがに実家だと難しい。母はお菓子作りはいっさいしない人なので、(あ、たまに蒸しパン作ってくれますが:笑)基本的なお菓子材料がないのです。なんたって数日前に作ろうと思ったら卵と砂糖がなかったという家ですからね。(しかもあるのは三温糖のみ)なので、作るときは前日からしっかり材料チェックをしないといけません。

で、今回焼いたのがパウンドケーキ。レシピは写真の「chocolate baking」という洋書から。
これは私が初めて一人旅で出かけたイギリスで買ってきた本で、すごくお気に入りだったりします。当時は英語なんて全然ダメだったので、私にとっては写真の美しさに引かれたアート本のようなもの。実はこの本でケーキを作ったのも今回が初めてです。お菓子作り暦は長いのですが(我流ですけど・・・)基本のスポンジケーキやパウンドケーキが苦手。シフォンケーキやシュークリームで失敗したことはないけれど、この2つは満足に仕上がったことはありません。今回もやっぱりうまくできなかった・・・。どうしてもずっしりと重い仕上がりになってしまうので、おそらく泡立て不足なんだと思うのですが。卵白のみならしっかりできる泡立ても、卵黄が入ると難しい。やっぱりハンドミキサー買おうかなぁ。(昔買ったハンドミキサーが使うと金属のこすれるようなにおいがして嫌いだったので、ずっと自分の腕一本で泡立ててました。)

レシピではラムレーズンを入れてましたが、なかったので冷凍しておいたクランベリーを入れてみました。当日に味見をしたら、外国レシピのくせに甘みが少なく感じたのですが、1日置いたらちょっとしっとりして甘みも出てきた気が。両親と私だけで1本のパウンドケーキを食べきるのは難しそうなので、日にちがたったらトライフルでも作ろうかと思ってます。
[PR]
by assami-db | 2006-04-27 17:15 | お菓子 | Trackback(2) | Comments(3)

編物三昧のはずが・・・

先週の木曜日に足の裏にあるほくろを取る手術をしました。
さんざん痛いとおどかされていたせいか、麻酔の注射もそれほどではなく、手術中は先生と談笑しちゃうくらい余裕でした(笑)ただ歩くのが難しい!切ったのが右足のつま先に近い部分だったので、かかとを使って歩かなきゃいけないんですが、つま先は上げつつ、指は内側に丸めないと傷口が引っ張られる感じがするので、足の甲も土ふまずもつりそうでつらい。

まー、そんなわけで毎日だらだらと編物&読書三昧(いえーい!!)。が、しかし比重はかなり読書が高く、「ダ・ビンチ・コード」を読みはじめたらもー止まらない。「ビジュアル愛蔵版」という物語に出てくる場所や絵画の写真が載ってる物を読んだので非常にわかりやすかったです。
時間もあることだし、パンでも久しぶりに焼こうかとも思ったんですが、私のパンこねって足を踏ん張っての全身運動なので却下。じゃあ、お菓子を焼こうかと材料をチェックしたら砂糖がない・・・。つーことで母に上げる予定の「PULL SANS MANCHES」に取り掛かりました。

c0026377_23483842.jpgそれにしてもこの糸の編みにくいこと!この四角いのは一体どーしたらいいの?!普通に編むとどうしても裏側にこのぽこぽこが集まってしまう。3,4回試し編みをしたけどコツはつかめず、でもゲージがあったので無理やり開始しました。写真のところまで編んで思ったのは「なんかラグマットみたい・・・(涙)」。それでも強引にすすめ、今はもうちょっと高さがあるのですが、見慣れたせいか少しはマシに見えてきた・・・気がします。いまだにコツがつかめないので、四角のことは気にせず何段か編み進めてから、バランスを見つつ無理やり裏側から四角を引っ張りだす、という荒業を見出しました。(いいのか、それで??)後ろ身頃はまったく増減なしで160段近く編み続けます。苦手な減らし目が今は恋しいです・・・。なんとか無事終わるといいなー。
[PR]
by assami-db | 2006-04-23 23:52 | つぶやき | Trackback | Comments(2)

ベルギーから糸到着の巻き

c0026377_2242575.jpg先月末にオーダーしたphildarの糸が届きました!本は何度か注文してたけど、糸は初めて。今回のオーダーは、3月29日注文→31日発送→4月12日到着。友人の分も一緒に注文したので計28玉でしたが、送料は22ユーロが半額になったので11ユーロでした。本の送料5ユーロに比べたらやたら安く感じますよね。

c0026377_2273933.jpg買ったのは、canasta(青緑色、ちなみに友人の分)、recif(白と黄緑の混ざった色)、relief(寒色系の変わり糸)の3種類。recifは自分用のGILET KIMONOを作ろうと思っていて、reliefはPULL SANS MANCHESを編む予定。母が本を見て「素敵だわ~」と一目ぼれしたようだったので、母の日のプレゼントとして編んであげようかと。phildar初挑戦なので、このPULLなら袖付けとかもないし、ちょうどいいかなと思ってます。でもこんな糸で編むの初めてなので・・・いったいどうなるんでしょう?(笑)

c0026377_2275480.jpg
やっとポロセーターが終わったので、バーゲンで仕入れて袋に入れたまま放置されていた毛糸を整理しようと、無印良品で小さいサイズの透明収納ボックスを買ってきたんですが、ほぼ同じサイズの段ボール箱で糸が届いてました・・・。しまう前から増えてんじゃん(笑)そしてやっぱり小さいサイズじゃ全然しまいきれませんでした。また買わなくちゃ。

昨日knittyを見たら新しいのになってましたね。
t-twist teeがちょっと気になってます。なぜって何に使おうか悩んでたdebbie blissのコットンアンゴラがちょうど4玉あるから。1枚で着ても、長袖Tシャツの上に着てもよさそうなので、作りたいなぁ。でもあのすそはどうやったらできるのか今ひとつ理解できないんですよね・・・。あー、編みたいものはたくさんあるのに、なぜ私の手はこんなに遅いのー?!(涙)
[PR]
by assami-db | 2006-04-12 22:18 | 編み物 | Trackback | Comments(4)

ポロセーター完成!!

つ、ついに完成しました。長い道のりだったわ・・・。

各パーツが出来上がって、さてつなげるぞ~と思ったら、なんていうかもーあちこちのアラが目立つこと目立つこと!それでも強行で仕上げてみたら、なんかそれっぽく見えてくるようになりました(笑)着てみたらサイズもぴったりで、着ちゃったほうがアラが目立たないかも、なんて思ったらちょっと嬉しくなって、初の「着てナンボ」写真まで掲載です。たくましい上半身で失礼します・・・。おまけに背が低く、首も短いので本のモデルさんと比べると、丈も襟も長いです(笑)あ、でも袖は短いかも?なんでだ??(←肩が広いから:涙)

c0026377_22105545.jpg普段後ろ身頃のほうがゆるくなってしまうせいか、今回かなりきつめに編んでしまったようで、前後身頃を合わせてみたら5cm近く長さが違ってしまいました。本気で解こうかと思いましたが、いやー無理やりやってみるもんですね。(あ、いや、かなり反省してるので次回はこまめにゲージを計ります。)ちなみに完成後にゲージを測ってみたら、前身ごろが正しかったです。
初心者なので仕上がっただけでとりあえず満足な感もありますが、今回の反省点というか、次回までに勉強することといえば、やはりとじはぎ。あと袖のつけ方がいまひとつわからなかった・・・。最初につけたほうの袖がちょっと失敗でした。2目ゴム編み止めももっときれいに仕上げられるようになりたいなあ。きれいに仕上げられない2目ゴム編み止めと、普通の伏せ止めだったらどっちのほうがマシに見えるんだろうか、とちょっと考えてしまいました。外国の本って普通に伏せ止めとかしてません?
あといつも気になるのが、私の編地ってどうも左端は大丈夫なんですが、右端がなんかあまりきれいじゃないんですよね。脇なんかはとじちゃえば見えないからいいんですけど、今回は襟があったのでちょっと気になりました。私の編み方が変なのかなぁ?

あー、とりあえず完成してよかった。せっかく作ったからには着るぞー。友人たちよ、会うたびにこれ着てても笑わないでね(笑)
次はようやっと初のphildarに挑戦する予定。オーダーした糸が届くまでしばらく部屋の掃除でもして、フランス語訳して待ってようっと。

c0026377_2210742.jpg「私のために編むデザイン・ニット」 雄鶏社
デザイン:岡本啓子  
写真:木寺紀雄

糸:「タスマニア」(糸のきんしょう) ウール100% 2本取り
[PR]
by assami-db | 2006-04-10 22:12 | 編み物 | Trackback | Comments(5)

水引き

c0026377_2373078.jpgき、気が付いたらもう4月じゃん・・・。
なんだかあっという間に3月は去っていってしまった。

先週は写真立てを探してあちこちうろつきまわる毎日でした。というのも、こないだトロントに帰ったときにしたミニ結婚式(笑)のお礼として、その時の写真を入れた写真立てを彼の家族にプレゼントしようと思ったから。
外人さんってホントによく写真を飾るので、どこでも写真立てが売ってるのですが、日本で探そうと思うと、これがなかなかピンとくるものに出会えない。売ってる場所が少ない上、取り扱ってるのは同じものばかりなのです。
日本らしく和紙の写真立てにしようかとも思ったのですが、実際部屋に飾るとものすごく目立つというか浮くんだろうな・・・と思って普通のものにしました。ただ、ラッピングくらいは日本っぽく、と思い和紙のラッピングペーパーと紐を買ってきて、こんなラッピングにしてみました。水引きはネットで探せた基本のあわじ結びに挑戦。ギフトシールみたいにしたかったので、上下逆さまにして、自分で印刷した”Thank you"シールを貼りました。もしかしたら、逆さまにしたらよくない意味とかあるんじゃないかしら・・・と不安にも思いましたが、まー、相手にはわからないから大丈夫!(←おい:笑)

やってみると意外と簡単にできたので、いろいろな形を作ってみたくなりました。
図書館行ってかりたこようかなー。
[PR]
by assami-db | 2006-04-03 23:12 | つぶやき | Trackback | Comments(2)