ブログトップ

torontolife etc etc etc

dbtletcetc.exblog.jp

<   2005年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

帰国しました

いやはや昨日、無事に帰国しました。めずらしく飛行機であまり眠らなかったせいか、夜もちゃんと眠れて今朝も9時半頃ですが(笑)なんとか起きれました。
私がカナダから帰国したというのに、母は現在旅行でカナダのバンクーバーにいるので、数日間は私が家事をしないといけないのですが、家のことが全然わからなくて大変です。冷蔵庫に物を入れるだけでも、ドアやら引き出しが5個あるので何をどこに入れるの迷うし、洗濯するにも洗剤がどこにあるのかわからないうえ、どのボタンを押したらいいのか悩むといった状態(笑)トロントでかなりローテクな生活をしていたのでここで生活していけるのか?!と早くも不安になっていますが、ぼちぼち頑張ります。これから夕食を作るのですがこの3年半、和食らしい物はちっとも作らなかったので、ちゃんと作れるかこれまた不安・・・。
[PR]
by assami-db | 2005-09-29 16:13 | つぶやき | Trackback | Comments(6)

いざ空港へ

ついに帰国日です。1年のつもりが3年半...長かったような短かったような。SARSも、北米大停電も体験したなぁ(笑)毎年 2ヶ月ほど一時帰国していたので、今回も2ヶ月後には帰ってくるような気分。
日曜日には彼の実家に行って一足早くターキーディナーを頂きました。ちょうど姪の 誕生日会で彼女がターキーを食べたいと言いだし、私もサンクスギビングデー(10 月2週目の月曜)に参加できないため、作るのに7〜8時間かかるターキーをわざわ ざ焼いてくれたのです。サンクスギビングデー、クリスマス、イースターと3回の ターキーディナーを見逃す(笑)ところだったので嬉しかったです。
彼や彼の家族にしばらく会えないのはすごく寂しいですが、我慢しなくては。帰国すれば、今まで会えなかった家族や友人に会えるので、これはこれで楽しみです。
トロントは本当に住みやすい街でした。冬は寒すぎるけど、冷たい空気を吸い込むと気分がしゃんとする感じがして好きだったし、雨が少なくて青空が多いのも気持ちよかった。 あと映画を早く安く見れるのも良かった!
嫌いだったところは、うーん、なんだろう...ピューロレーターかな(笑)
しばらく日本に住むけれど、将来的にはここに戻ってくるような気もするし、とりあえず、バイ、トロント! !
[PR]
by assami-db | 2005-09-27 22:49 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

モントリオールに行ってきました

c0026377_8595878.jpg帰国日が近づいてきてなんだかバタバタしてます。今週は出かけっぱなしで、月曜日には私がずっと行きたいと思っていた「ブラッククリーク・パイオニアビレッジ」へ、火曜から金曜までは一度ボツになったモントリオール旅行に行ってきました。
先週から彼がお休みを取ってくれてるのですが、帰国へのカウントダウンと共に気持ちまでダウンしてしまいそう、ということで急遽旅行の企画が復活。大慌てでVIA鉄道とホテルの予約をして出発しました。モントリオールは2度目なので大体の地図も頭に入っているし、気楽な散歩という感じで楽しんできました。前回行けなかったオリンピック公園も行けたし、最終日の暇つぶしに、と出かけたジャン・タロンマーケットで予想以上に楽しめたりと満足度の高い旅行でした。そのうち詳しくホームページのほうの旅行記としてまとめようと思ってます。
ちなみに「パイオニアビレッジ」は歴史村のような感じで、子供達が社会科見学に行くような場所。2年近く行くのを渋っていた彼ですが、ようやっとあきらめて(笑)つれてってくれました。あんなに渋ってたのにいざ出かけたら予想外に楽しめたらしく、たくさん写真を撮ってました。小さな施設なので、1度行けば充分という場所ですが(笑)古い物好きな人は楽しめるかも。せっかくたくさん写真を撮ったので、これもそのうちなんとかしようと思ってます。
[PR]
by assami-db | 2005-09-25 09:01 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

bubby

c0026377_21595945.jpgene's scarfが出来上がったので、ほったらかしになってしまってた赤ちゃん用カーディガンの仕上げをしています。編むのは問題なく、編み目も適度にそろったと思ったのですが、予想通りとじはぎが難航。閉じ合わせてみたら前後の丈が少々違ってたり、と冷や汗をかきながら閉じました。なんとか仕上げたのですが、感想は「今年の冬は編み物教室に通って、とじはぎをしっかり習いたい」といったところです・・・(涙)カーディガンは現在、水洗いして乾燥中。出来上がり写真はまた次回に載せるつもりです。
もともとカーディガンと一緒にぬいぐるみを作ってプレゼントしようと思ってたので、熊のぬいぐるみ、buddyを作りました。アメリカの無料オンラインニッティングマガジン「knitty」に作り方が載ってます。メリヤス編みだけだから簡単だろうと思ったら、なんとレベルは3。(1が易しくて4が難しい)ちょっと不安になりつつ編み始め、途中で足の作り方が間違ってることにも気付いたんですが、直せないとこまで来てしまったため、そのまま無理やり仕上げました(笑)でも足の間違いよりも、腕を見本よりも低い位置につけすぎて、やたら首の長い熊になってしまったほうが気になってしょうがない。ということで、見本では細いリボンを結んでるだけなのですが、私はマフラーを作って首周りをカバーすることにしました。(・・・カバーできてるといいんですが:涙) 細い針で太い糸を編むので、厚地でぬいぐるみっぽい仕上がり。1日あれば余裕で出来上がるので、違う色でも作ってみようと思ってます。
[PR]
by assami-db | 2005-09-19 22:00 | 編み物 | Trackback | Comments(0)

ene's scarf 出来上がりました!

アルパカ糸と格闘すること2週間、糸を変えて編み終わるまでに2週間と、1ヶ月もene'sにかかりっきりになってしまいましたが、ようやっと無事終わりました。編みあがりはかなり小さく、ちょっとくしゃくしゃ(笑)でも水洗いして乾かしたら予想以上にきれいになりました。それでも本に載ってる仕上がりサイズよりも少し小さいのだけど、まあその辺は糸も違うし仕方ない。とりあえずこのサイズで全然不満は無いです。(私の肩幅は広いので写真のようにはかけられないけれど:笑)

c0026377_12404175.jpg編み方は全て知ってる方法なので難しくないのですが、とにかく気がつくと掛け目を落としてて、その辺すごく苦労しました。アルパカ糸との格闘中は、編んでだというよりも数えてたというほうが正しいくらい(笑)数えながら編んでても、なぜか段の最後になると目の数が合わなくて脱力してたのが、糸を変えてからは気持ちいいくらい最後の目数が合うようになって(正しく編んでれば当たり前なのですが:笑)、編むのもすごく楽しくなりました。チャート3を4回繰り返すと信じ込んでいて、「もうすぐ終わる!」と思ったときに、正しくは5回だと気付いてかなりテンションが下がったものの、この頃には目数も相当減ってたので編み進むことが出来ました。毛糸は合計3玉使用。最後は糸がぎりぎりでなんとか間に合わせようときつめに編んでしまったけれど、これも特に目立たないので一安心。心配していた色も、終わってみれば全然気にならず、むしろ好きな感じの緑色でした。よかったー。
初めてのショール、さらには初めてのレース編みということで、仕上がっただけでも満足なのに思ったよりきれいにできたので初心者ニッターとしてはとにかく嬉しい!!ちょっと自信がつきました(笑)これからも頑張っていろいろ編むぞー。あ、その前にほったらかしになってるベイビーニットと手袋を仕上げなくては・・・
ene's scarf from "scarf style"
designer : Nancy Bush
yarn : LANG yarns JAWOLL
needle : US#6 (4.2mm)
[PR]
by assami-db | 2005-09-16 12:41 | 編み物 | Trackback | Comments(4)

ブロッコリーニ

c0026377_23492799.jpgカナダに来てから知った野菜の1つが、このブロッコリーニ(broccolini)。普通の野菜と比べたらちょっと高いのですが、おいしいし、野菜嫌いの彼でも食べられるとあってよく付け合せに使います。たぶんブロッコリーと何かを掛け合わせたような野菜だと思うのですが、茎部分の歯ごたえがすごくいい!パッケージに貼ってあるラベルの裏面に「バター+にんにくのみじん切りとともにブロッコリーニを5,6分炒めて塩、こしょうし最後にレモン汁を絞って全体をざっと混ぜる」という簡単なレシピが載ってるのですが、うまいんですよ、このレシピ!バターの代わりにオリーブオイルを使ってもさっぱりしておいしい。日本でも作りたいけど、売ってるのかなぁ・・・?
[PR]
by assami-db | 2005-09-14 23:50 | food | Trackback | Comments(2)

RED EYE

日本にいたときは全然聞いたこともなかったのですが、実は映画ファンには有名な「トロント国際映画祭」。今年も8日から始まっています。おかげで街に人が多いこと!分厚いカタログを手に映画館へ急ぐ人たち、ホテルの前で有名人を待つ人たちでいっぱいです。
チケット入手方法が少々めんどくさいのと映画代が高いので(笑)自ら参加しようとはあまり思いませんが、バイト先のオーナーから余ったチケットをもらって数回見に行ったことはあります。映画によっては上映後、監督への質疑応答コーナーが設けられたりして不思議な感じでした。ちなみに日本からは噂の「妖怪大戦争」が来てます。

で、映画祭をよそに普通の映画を見てきたのですが、昨日見たのが「RED EYE」。カテゴリー的にサスペンス・スリラーということですが、何が怖いって主役のキリアン・マーフィ (Cillian Murphy)。彼の顔が恐いんです・・・彼のファンの方には申し訳ないんですが、彼の顔、アンバランスじゃないですか??ちょっとだけアシュトン・クッチャー (Ashton Kutcher)に似てるかもとも思ったので、悪い顔じゃないとは思うんですが・・・目は美しいのに鼻と口が違うっていうか、魚顔ていうか・・・(←失礼過ぎ)最近はむしろ好きになってきましたが、昔はニコラス・ケイジにも同じこと思ってましたので、そのうち慣れるかもしれません。映画を見たときに、顔は知ってるけど名前は知らないと思ったので調べたら「28日後」に主役で出てました。あの映画見たときは怖いって思わなかったんだけどなあ?

まあ、彼のことはひとまず置いといて、ストーリー的にはまあまあ。最後の方は突っ込みどころ満載で彼と大笑いしながら見てましたが、前半部分は「こわっ」と思って見れたところもちゃんとありました。でもあの恐怖感は間違いなく彼の顔から来てるものに違いない・・・(笑)でも何が一番良かったかといったら、お客が4人しかいなくて家でTV見てるみたいにくつろげたことかもしれません(笑)
[PR]
by assami-db | 2005-09-13 22:07 | movie | Trackback | Comments(0)

マイケル

一昔前(二昔??)の日本でいったら「太郎」くらいポピュラーな名前。キリスト教では悪魔さえも怖じけつくほどの強さを持った聖人の名前だそうです。
「マイケル スミス」なんていったらそれこそ「山田 太郎」みたいな感じじゃないかしら。
彼の仕事場でもやはりマイケルが多いらしく、先日の彼の部署のシフトは彼+3人のマイケル(笑)仕事中、お客さんから電話がかかってきたそうで
客 「さっきお店で話したマイケルと話したいんだけど」
彼 「3人いるんだけど誰と?」
客 「アジア系で、眼鏡掛けてて、ちょっと太めの...」
彼 「...(3人のうち)2人ともそうなんだけど」
さすがにお客さんも笑ってしまったそうです。2人のマイケルに確認してお客さんに取り次ぐことはできたそうですが、ややこしい(笑)彼もおもしろがってこの日のお昼休憩のシフト表には「11時:マイケル、12時:マイケル、13時:マイケル」と書き込んだらしい。誰だかわかんないじゃん...。
考えてみたら、2人ほど外人の彼を持っている友人がいるんですが、ともに彼氏の名前はマイケルです(笑)
[PR]
by assami-db | 2005-09-11 01:50 | つぶやき | Trackback | Comments(4)

サブレ

c0026377_11262360.jpg久しぶりにサブレを焼きました。水分の少ない生地なのでまとめたり型抜きしたりするのが少し難しいのですが、さくさくともろい焼き上がりになるのがサブレのいいところ。いつも焼きっぱなしのお菓子ばかり作るので久しぶりにちょっと手の込んだことをしてみようと、チョコと粉砂糖でデコレーションなんかしてみました。おまけにアイシング(砂糖衣)で遊ぼうと前に買っておいた着色料にもチャレンジ。液状の赤、黄、青、緑の4色セットで、パッケージの裏を見ると赤+青=紫とか色の混ぜ方も載ってておもしろそう。まずは骨型のクッキーを基本の白いアイシングで塗りつぶすと、あら!なんとなくかわいいじゃないですか(笑)続いてあひるのクッキーに羽を書いて、黄色の着色料を混ぜてくちばしに。小さなコルネ型(搾り出し袋)を作るのがめんどくさかったのでスプーンの背で塗りつぶしたり、少しずつたらして線を書いたりしたのですが、なんとかなるもんですね。で、調子に乗って色を作って塗ってみたのがこちら。ここまでくると食べれるの?って色になってきます。おまけにこの魚(・・・魚なんです、一応)ときたら・・・なんか毒持ってそうなんですけど(涙)
c0026377_11352074.jpgでも粘土遊びとぬり絵をしてるようでに楽しかった!帰国したら姪と一緒にまたクッキー焼いて色塗って遊ぼうっと。ちなみにアイシング、今回初めて粉砂糖と卵白で作ってみました。普通、本ではこの作り方が載ってるんですが、私は普段は粉砂糖+レモン汁で作ってます。レモン汁のほうが味は好みなんですが、乾くのに時間がかかるのが難点。卵白はすぐに乾くので、アレルギーとか無ければ卵白で作るほうが楽なのかもと思いました。
[PR]
by assami-db | 2005-09-09 11:35 | お菓子 | Trackback(1) | Comments(1)

パイナップルを切る!

果汁が多くて酸味のあるフルーツが好きなので、パイナップルは大好き!一度、沖縄に旅行したときに「パイナップル農園」を見に行ったことがあるくらい。(もちろんたらふくいただきました:笑)そんなわけで、それを知っている彼はときどきスーパーで丸ごとのパイナップルを買ってきます。初めて買ってきてくれたときは、嬉しいけどどうやって切ったらいいのかわからん・・・もしかしたら彼がやってくれるかも?、と数日放っておいたのですが、彼が動く気配はなし。しかたなくネットで切り方を調べて挑戦したら、すごく簡単でした。硬そうなイメージがあったけど、ちゃんと熟したものなら楽々切れます。その後、たまたま図書館で借りたお菓子の本にもパイナップルの切り方が載ってたので、今はもうばっちり。私のようにネットで調べる人もいるかも(・・・いないかなぁ?)しれないので、写真つきで切り方をご紹介(笑)

c0026377_2362477.jpg全体が黄色くなったら切り頃。
もう少しおいてもいいけれど、酸っぱいのが好みなので、この辺で切っちゃいます。



c0026377_2371667.jpg上下を切り落としたら、まな板の上に立ててそぐように皮をむきます。



c0026377_238448.jpgパイナップルの目みたいなのはきれいに斜め直線状にならんでるので、2,3個ずつV字に取り除きます。
皮を厚めにむいてもいいんだろうけど、そんなのもったいない!!(笑)


c0026377_2383067.jpg4等分に切り分け、芯の部分を切り落とし、好みの厚さに切り分ける。または、丸ごとのままスライスして芯の部分を丸いクッキー型とかで抜いても。




熟しすぎちゃった時は細かく刻んでケーキを焼いたり。
リンゴみたいな味と食感でこれまたおいしいのです。
[PR]
by assami-db | 2005-09-08 23:14 | food | Trackback | Comments(2)