ブログトップ

torontolife etc etc etc

dbtletcetc.exblog.jp

カテゴリ:handicraft( 7 )

清く正しい本棚 完成

こんな大物、狭いキッチンにいつまでも置いておけないので、毎日頑張って完成させました。

丸一日かけてやすりがけ。やすりのかけ方が下手すぎて、あちらこちらに磨き傷ができてます(汗)ペンキだとあまり目立たないのかもしれないけど、ステイン仕上げだとバレバレ。やすりをうまくかけるコツってあるんだろうか…。

翌日、1回目の塗り。前回同様、ペイントはワトコオイルのマホガニーとエボニーで。まず最初に塗ったのはエボニー。部屋が広い洋室だったら、これ1色で仕上げてもかっこいいんだけど、我が家の狭い和室だとちょっと「昭和の家具」な雰囲気になってしまうので、翌日乾いてからマホガニーで赤みをつけました。ちなみにマホガニーは血の色?って思うくらい真っ赤です。でもエボニーと合わせると、チョコレート色になってすこーし、柔らかいイメージになる気がする。写真の写りが悪いけど、左がエボニー1色、右がエボニー+マホガニーの2度塗りです。
c0026377_15225786.jpg

とりあえず、こんな感じで塗りが完成。
c0026377_1523314.jpg


後は2つの本棚の背板をつけて、上下に連結する作業。
c0026377_15245914.jpg

連結は後ろ側だけ金具で繋げればいいかなーと思ってたら、本棚を立てるときに金具が曲がって大慌て。おまけに立ててみたら、上下に隙間ができてる!
c0026377_15283849.jpg

翌日、L字型の金具を買ってきて前面にも取り付けました。黒の金具を選んだので、それほど悪目立ちせず連結できました。
c0026377_15263868.jpg

で、予定していた場所に設置。
c0026377_15321389.jpg
まだ、中身を整理している最中なので、中身も片付いたら改めて写真を載せようと思います。


ついでに家の掃除もしていますが、掃除機をかけるたびにうんざりしてた床置きものが減ったので、部屋はすっきりしました。明日イケアに行って、収納用具を物色してくる予定。


本棚を見るたびに「よくやったな~」と自画自賛な気分に浸ってますが(笑)、DIYは本当に楽しい!使えるものを作るのが好きなので、あちこち見渡しては「ここにこんなのあったらいいよなー」なんて考えてます。


部屋が片付いたら、次は編み物ボランティアと娘の冬物ソーイングに取り掛かります。
[PR]
by assami-db | 2013-10-09 15:34 | handicraft | Trackback | Comments(0)

清く正しい本棚 その2

勢いがあるうちに、大きいサイズの本棚にも着手しました。
が、大きいほうは棚の段数も多いので、ボンドが乾かないうちにネジ止め、しかも棚がきちんと水平になるよう気をつけて…と集中しなくてはならなかったため、写真はちっとも撮れてません(汗)

でもまあ、小さいほうと同様の手順でこんな感じに出来上がりました。
c0026377_1719093.jpg


本ではペンキ仕上げですが、私はオイルステインで仕上げたかったので木ねじの頭部分はダボ処理にしました。
こんな風にハンドドリルで穴をあけて、(この写真は練習用に別の木に開けたもの)
c0026377_17204021.jpg


丸棒を3cmくらいに切ったものを埋めていって、あさりなしノコギリで余った部分を切ります。この作業がとても楽しくて、これから作るものは無駄に全部ダボ処理しようかと思っているほど(笑)調子に乗りすぎて、本体までガリっといっちゃってるとこもあったりしますが、シャビー仕上げ(わざと傷等をつけて、古物に見せる技法)ってことで…(大汗)
c0026377_17242246.jpg


この後、前面に木口テープを張って見た目ももうちょいすっきりしたところです。あ、木口テープは組み立てる前に貼っておいたほうが良かった気がする。(←覚書)
残るは、やすりがけと色塗り!70%くらい終わったことになるのであと一息だ~。
[PR]
by assami-db | 2013-10-01 17:28 | handicraft | Trackback | Comments(0)

清く正しい本棚に挑戦

狭い我が家では、本はなるべく買わずに借りることにしています。それでも図書館を3人分利用しているので、最大35冊の本が家にあることに…

娘も幼稚園から毎月本をもらってくるし(すごい薄いやつだけど。笑)、ちょっと入れ物を増やさないことにはなぁと本棚の購入を検討したものの、市販の物では小さすぎたり大きすぎたりでうまくいかないので、スペースを無駄にしないためにDIYは未経験だけど、手づくりすることにしました。

…と、ここまでは3カ月ほど前から考えていたことで、木材もオーダーして7月下旬から準備してあったんだけど…ドリルドライバーも先月には購入してたんだけど…失敗したらどうしようと9月までほったらかしにしてました(汗)

で、重い腰をあげて作業を始めたら意外と簡単に進んでびっくり。
こんな状態で届いた木材。(これ以外に大きなベニヤ板の梱包もあり)
c0026377_11154449.jpg

ドリル怖いなーと思いつつガガガッとやってみたら、あれ?思ったより簡単にできるかも?
c0026377_11155858.jpg

なんとか、形になりました!もちろん素人なので、少々の板同士のズレはありますが(汗)、初めてドリルを使った興奮で本人的には気になりません(笑)
c0026377_11161793.jpg


小さいほうの棚ができあがったので、次は大きい棚を作ります。
[PR]
by assami-db | 2013-09-26 11:35 | handicraft | Trackback | Comments(0)

DIYに挑戦

自称「何か作るの大好き人間」の私ですが、ついに木工にまで手を出してしまいました。
なんちゃってDIY1号はすのこ棚。そしてこれが2号の引き出しです。
c0026377_2341281.jpg


遠目で見るとよさそうに写ってますが、超初心者なので釘は曲がるわ、板はヒビ入るわでけっこう…いやかなりひどいことになってます。同じのを3つ作ったうちのひとつなんて、底の板とサイドの板が5mmくらいずれちゃって、強引にやすりで削って底を平らにしたくらい(笑)

ていうか、板のカットはお店に頼んで素晴らしくきれいな状態の板が届いたのに、いざ作り始めたら高さ(深さ)を10cmも計算違いしてて、15枚の部品のうち12枚の板の上部をのこぎりで切るはめに(涙)私が2枚切ってる間に、父が残り全部切ってくれたので楽は楽でしたが、素人なので曲がってるし、無駄に板を買ったってことだし、気力を吸い取られるようなスタートでした。

それでも色を縫って、取っ手をつけたら、素人臭さがいい具合なかわいらしさに変わったような気がします。(確実に自画自賛)実際にはこんな風にシェルフに入れて使っています。

c0026377_23411728.jpg


シェルフの色に合わせたかったけど、木材によって発色が変わるからやはり同じにはできなかった…。シナベニヤにワトコオイルのマホガニー→エボニーの順でこんな色になりました。

いろいろ大変だったけど、やっぱり木工って楽しい!目標は本棚を作ること。娘の幼稚園が始まったらプロジェクト開始しようかしら。
[PR]
by assami-db | 2013-03-21 23:57 | handicraft | Trackback | Comments(0)

久々のエコクラフト

久しぶりにエコクラフトでかごを作りました。
c0026377_23183995.jpg

あ、ハマナカの正規品じゃないから、クラフトテープで、が正解か。

旦那が仕事から帰ってくると、携帯、パスモ、鍵の3点セットをテーブルの上に置くのですが、毎日必ずドアから一番近い私の席に置くわけです。変な所に置くとすぐ忘れて出かけるし、何か専用の入れ物を用意しないと…でも探しに行くのめんどくさいし…あ、クラフトテープが残ってたんだ!ってな感じでちゃちゃっと作ってみました。

このクラフトテープが結構場所をとるので、この際一気に全部片付けよう、と子供の風邪薬とか入れるのに便利なサイズもついでに制作。おかげでテープの残りはこれだけ。
c0026377_23263786.jpg

さすがにこれだけでは何も作れないので、心おきなくゴミ箱へ♪

旦那の3点セットもテープの残りも片付いてすっきりしたー。
[PR]
by assami-db | 2013-01-29 23:29 | handicraft | Trackback | Comments(0)

カトラリーケース

先日、押し入れの整理をしていたらエコクラフトが出てきました。
確か4〜5年前に図書館で本を借りて、カゴ好き&工作好きな私は勢いで30m巻を1つ購入。
なのに、作りたかったカゴはそれ以上の量が必要で、おまけに想像より値段が高かったので、あっという間に意気消沈、押し入れの奥で眠っていたのでした。

押し入れの在庫類(90%は毛糸)をとにかく消費するようにしてるので、これもなんとかしなくては!とカトラリーケースを作ってみました。

c0026377_16513233.jpg


思ったよりも簡単だけど、細かいところの処理が難しく、その辺でできあがりの見栄えの良さに差が出るなぁ、といった感想。あと、パーツが多いので大きい物を作る時は場所を取るかも。

c0026377_1654847.jpgc0026377_16541915.jpg







きっちり編もうと思うばかりに、ひもを強く引っ張りすぎて角の立ち上がりが斜めになったり、2枚張り合わせるところに隙間が出来たり(とくに角)この辺のコツがよくわからない…。

素材感が安っぽいんじゃないかしらという不安があったけど、そんなに気になりません。作る物や、色によってはそういうこともあるのかな?
強度も軽い物を入れる分には問題なさそうなので、残りのエコクラフトを使いきるために別のカゴも作ってみるつもりです。
[PR]
by assami-db | 2010-06-22 17:09 | handicraft | Trackback | Comments(0)

フリーザーペーパーでプリントしてみる

先週、ふらふらと編み物ブログを徘徊していたら、フリーザーペーパーというものを使って、Tシャツにプリントする、という記事をいくつか見かけました。
作り方を見てみると、なんだかおもしろそう。ちょうど、昨日はダンナの誕生日でプレゼントを何にしようかと考えてたところで、突然ぱっ!とひらめいたのです。
ダンナが気に入りすぎて着倒してしまったTシャツのコピーを作ってあげよう!!(著作権の問題ありでしょうが、売る訳じゃないので許していただきたいところ(汗)3年ほど前にトロントで買った物なので、入手不可能なのです。)

c0026377_17185542.jpg元のTシャツはAmerican Apparelのものだったので、まずこれを入手。(いつのまにか日本に入ってきててよかったー。)肝心のフリーザーペーパーは、パッチワークやアップリケに使われることが多いようで、私は池袋のキンカ堂で手に入れました。東急ハンズでは取り扱ってなかったので、大型手芸店に行く方がよさそうです。それと、布用塗料。アクリル絵の具でもいいらしいのですが、ダイロンのこんなのを見つけたので買ってみました。

作り方はいたって簡単。
フリーザーペーパーのつるつるではない方の面に絵を写し、カッターで切り抜きます。アイロンを当ててフリーザーペーパーを接着して色を塗る。
乾いたらペーパーをはがして、ダイロンはアイロンを当てるように指示があったので、アイロンを当てる。アクリル絵の具の場合は不要。

c0026377_17222524.jpgc0026377_17224299.jpgc0026377_17231032.jpg
c0026377_17242148.jpgc0026377_17243235.jpgc0026377_17244264.jpg

絵の具はたっぷり使うと、Tシャツに染み込んで端がにじむので注意。(←体験談)うす塗りして乾かしてから、重ね塗りすると良さそうです。

完成品はこちら
[PR]
by assami-db | 2008-07-24 17:39 | handicraft | Trackback | Comments(4)