ブログトップ

torontolife etc etc etc

dbtletcetc.exblog.jp

Tangled Yoke Cardigan 完成

c0026377_15252377.jpg

pattern :Tangled Yoke Cardigan from INTERWEAVE KNITS 2007 fall
yarn :Rowan Felted Tweed #148 x 6.5 ball
needle:US#5, #4, JP#4 
size :34 (end up size 36)

半月ほど前には編み上がっていたカーディガン。ようやっとボタンを買いに行って完成させました。
本体部分のメリヤス編みは問題なく通過。初めて糸端同士をフェルト化させてつなげる方法を試してみたんですが、いやはやびっくり。なんて楽なんでしょ!!もっと早く試しておけばよかったと軽く後悔したくらいです。

本体部分はだいたいゲージも正しく進んでたのに、袖を編んでみたらなんだか異様に太くなってしまいました。もともと袖は太めのデザインなんだと思いますが、手首に通してみたらぶかぶかだったので、ここだけ日本の4号針4本での輪編みに変更。長さも指示通り編むと長過ぎるようだったので、最後の「増減なしで17段」をはぶきました。
本体部分だけでもかなり編みがいがあったのに、両袖つけたらさらに100目増...。とじはぎがないのは本当に楽ですが、300目以上を編むのもけっこうつらかったです。

celtic patternは難しかったけど、終ってみれば楽しかったです!5目増やすところで「ええ??(滝汗)」、縄編みの前後交差を間違えて「模様がつながってない...(涙)」、5目を一気に減らすところで「こんなにきれいに減らせるんだ!!」と感動。(おまけに模様間違えたり、目数があわなかったりで2、3回ほどいてます。)
初めてこの模様を見たとき、細長い縄編み模様を別に編んで、それを横にぐるっと綴じてるんだと思ってたので、普通に下から編んでこの模様が出るのが不思議でなりませんでした。デザイナーさんはすごいなぁとつくづく思います。





c0026377_15342157.jpgc0026377_15343452.jpg...さっそく反省です。先に書いた「だいたい正しく進んだ」ゲージ、どうやら正しくなかったようです(涙)
着てみるとちょっと大きいのです。34サイズで編んだのに完成後身幅を計ったら45cm。これって本にはないけど36くらいでしょうか(汗)
あと、ネックバンドの部分。二つ折りにして全て綴じつけた後、「なんでこんなにがっちりしてるのかしら?」と思ったら、4号針に変えるの忘れてました!慌ててほどいて4号で編み直して完成に至ったのですが、これも終った後にRavelryで、二つ折りにしないで半分の位置で編み止めてすっきりした一重の襟にしていた方をみつけ、私もそうすればよかったかも、と思いました。

初めてのボタンバンドは及第点ぎりぎりといったところでしょうか(笑)だいたい指示通りに編んできたし、136目拾えばいいだろう、と拾ってみたら全然少なくて、ボタンの割り振りを計算する羽目になったけど、適当な割になんとか収まりました(笑)
編み地が薄いせいか、洗ったらちょっとよれっとなりましたね...。
かぶり物のセーターよりも、カーディガンの方が着脱が楽で好きなのに、ボタンホール恐怖症があって今まで避けてきたけど今回のでちょっと恐怖心が薄れたかな?

それにしてもFelted Tweed、お気に入りの糸になりました。編みやすいし、ネップもかわいいし。編み終わった時はちょっと編み地が固くて、首周りとか少し浮く感じがあったり、私の広い肩は「ちょっと動きにくくない?」と嘆いていたんですけど、洗ってみたらほわ〜っと柔らかくなって、首周りも肩もすっきりしました。
この大きめになっちゃったカーディガン、実は母がさっそく試着しにきて「あら、いいじゃなーい!軽いし暖かいし色も気に入ったわ」とまるで自分のために編まれたセーターのような発言をして帰って行きました(笑)せっかく気に入ってくれたし、私はどうもウエストシェイプされたデザインが似合わないようなので、これは母にプレゼントして自分用はもう一度(次の冬に:笑)リベンジしようかな、とも思ってます。

成功、失敗いろいろあったけど、夏から温めてた大物が1つ終って満足です(笑)
[PR]
by assami-db | 2008-02-01 16:07 | 編み物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://dbtletcetc.exblog.jp/tb/8129117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiiragi at 2008-02-01 21:12 x
このカーディガン、本当に人気ですね。
ネック部分は二つ折りだったんだ・・・パターンをよく見てないので、いろんな「へぇ~」が出てきます。
カーディガンタイプの前立ては難しいですね、編地が薄くなる糸だとよれてしまうし、拾う目を少なくしてしまうと横に引っ張られてしまって形が崩れてしまったり・・・何度も失敗した経験ありです。
その点、assamiさんのは綺麗ですね、洗ったらよれてしまったとの事ですが、フェルト化して逆にいい感じになりそうなんですが、いかがですか?なんにせよお母様がとても気に入られたのならそれが一番嬉しいですよね。
キャスケットの糸の件、ありがとうございましたー。ロングベストの余り糸なので3玉とちょっとありました。早く編まないと冬が終わっちゃいますね。
Commented by assami-db at 2008-02-04 11:56
◆hiiragiさん
ほんと、たくさんの見本がネット上にあふれてて助かりました(笑)
やはり前立ては難しいですよね。糸やゲージによって「これくらいの拾い目がいい」ってのは違うでしょうし。
何度も挑戦して覚えるしか無いんだろうなぁ。
キャスケット、hiiragiさんに似合いそうだから楽しみに待ってますよ〜。
<< 「編みもの&デザイン」展 キャスケット完成 >>