ブログトップ

torontolife etc etc etc

dbtletcetc.exblog.jp

編みまくって完成しました<ニットフェルトショール>

c0026377_13274110.jpg

pattern :ニットフェルトショール/鳥居節子のハンドニットワークより
yarn :スーパーファインメリノ、シルクステンレス  合計140g
size : 168cm x 40cm

10月中は仕事が忙しかったのもあり、ブログの更新もせずにひたすら編み続たのですが、そのかいあって、10月下旬の旅行に間に合うように無事完成させることができました。
こんなに細い糸を太い針でスカスカに編むのも初めてだったし、もちろんフェルト化させるのも初めてで、完成するまで不安だったけど、人間やればできるものなのね〜(笑)
やや縮めすぎたというか、フェルト化にムラがあるような気はしますが、ほぼ指定通りのサイズに仕上がって満足。スーパーファインメリノのふわふわ感に癒されてます。かなりお気に入り&この冬に大活躍しそうなショールになりました。




c0026377_1341939.jpg編み地はかなりスカスカ。編んでいるときに棒針やら洋服のファスナーやらいろんなものをひっかけては糸をびよーんと飛び出させてました。でもスカスカなので適当に縦横引っ張るとなんとなく元の場所に収まります。あと、指先のささくれとかかさつきでもよくひっかけたなぁ。編物の時はハンドクリームとかつけたくないので、本当にしょっちゅう編み地を縦横引っ張ってましたよ(汗)
c0026377_1330762.jpgまあ、とにかくひたすらメリヤス編みを続けた訳ですが、なにぶん500段近くありましたから、出来上がりはこんなに巨大な物体に(笑)長さは2m50cmくらいありまして、すでにベッドからはみ出してます...。

本当はここで一度ブログにアップしようかと思いつつも、フェルト化で失敗してそれっきりというのはあまりにもせつない(涙)、ということでそのままフェルト化実行。

いきなり洗濯機を使うのは怖いので、おとなしく洗面器にお湯をはり待つこと20分。なぜか「お湯をかければ縮まる」と思い込んでいた私の目の前には、何も変わらぬマフラーの姿が。小心者なので、お湯の温度も低すぎた模様。
続いて熱めのお湯で試すと、劇的な変化は無いもののちょっとサイズが縮んだような気が??

「やっぱここは、わしわしもんだりした方がいいのかも?」と調子に乗って軽くこすり洗いしてみたら...縮んだ!!
「そっかー、こういうことか!!」とわしわし、ごしごししてみたら、いや〜すごい、すごい。縮むもんですねぇ。長さがあるため初心者には均等にフェルト化させるのが難しかったけど、それでもなんだかいい具合になってきたので、タオルに包んで洗濯ネットに入れて洗濯機で脱水すること3分。乾かすために広げてみると、ちょうどいい大きさになっていました。
長さはそんなに縮んだような気がしないのですが、横幅はけっこう変わりました。
c0026377_13545175.jpgc0026377_1355675.jpg








実は旅行中に端のステンレスシルクの部分の編み目が切れてしまったのですが、別にそこからほつれることもなく、今のところ問題なし。まだ糸はあるので、ほつれてきたらまた直せばいいやと思ってます。
スーパーファインメリノはふわふわなのに、ステンレスシルクが意外とサラサラしているので、割と早い時期から使えそうなショールです。
鳥居先生、素敵なパターンをどうもありがとうございました!!
[PR]
by assami-db | 2007-11-07 14:09 | 編み物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://dbtletcetc.exblog.jp/tb/7363655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by れい at 2007-11-08 18:26 x
わー完成しましたね。おめでとうございます!!!ほんと素敵なストールになりましたね。ベットの上のフェルト化前の写真をみるとほんと大作、お疲れさまでした。機械編みより手がかかっても、手編みだとその分個性が出て結果はバッチリでしたね!
ステンレスと聞くと金属っぽい印象がしてしまうのですが、編んだ感じやはおった感じはそんなことないのかしら?
Commented by assami-db at 2007-11-09 18:49
◆れいさん
ありがとうございます〜。なんとか完成しましたよ。
鳥居先生にもこのページを見ていただいて、全て手作業で感動した!フェルト化もムラがあったほうがいい!とお褒めの言葉を頂けました。
ステンレスシルクは糸だけさわると特別な感じはしないのですが、編むとちょっとビーズ用のテグスっぽいです。裾のステンレスシルク1本で編んだ部分は引っ張って形を作ることができ、その形をキープできます。
でもメリノと2本取りで編んだ本体部分はメリノのふわふわさでカバーされているので、冷たいとかごわつく、とかそんな感じはいっさい無いという、実に不思議な糸でした。おもしろいですよ〜!
Commented by mary at 2007-11-12 13:05 x
わおおーーーー。
めっさいいストールが完成しちゃいましたねー!!!!
おめでとうございます!

すごいすごい!
すごく素敵です、かっこいい大人の女アイテムって感じです ( ̄+ー ̄)
鳥居先生からもお言葉いただけなんてすばらしいじゃないですか。
手に取ってみた-い!ステンレスシルク、形がキープできるんだんて、おもしろいですね。
こういうストールって織りじゃないと無理かななんて思ってましたけど、こうやって丁寧に丁寧に作れば編むことも出来るんですね。勉強になります
Commented by assami-db at 2007-11-15 21:12
◆maryさん
いやはや、ありがとうございます〜。
修行のように編んだ甲斐あって、いい具合にできあがりましたよ。
「薄手の手編み」ものを作りたいと思っている私には、まさにぴしゃりなアイテムでした。私も薄手のものは織りとか機械編みじゃないと無理かなーと思ってたので、出来上がった時はびっくりしました(笑)
スカーフ&マフラー好きの私としては、こないだmaryさんが編んだ、ピアノイリュージョンが気になって仕方ありません。
Commented by fotograf at 2007-11-19 00:51
すごい。素敵~
私もこの冬、復活させますよ。
えぇ、マフラーから。
Commented by assami-db at 2007-11-22 16:55
◆fotograf
ありがとう〜。次に会うとき、ぐるぐる巻きにして行きます(笑)
しばらく編物離れてたもんねー。そろそろおnewマフラー作ってもいい頃よね。また一緒に編物しましょう!
<< Anemoi Mittens 完成 待ってました! >>