ブログトップ

torontolife etc etc etc

dbtletcetc.exblog.jp

「ene's scarf」途中経過

c0026377_23251866.jpg眉間にしわを寄せながら編んでいたこのショール、糸を変えただけでびっくりするほど編むのが楽になりました。今までのように数え間違えることもなくなったし、目を落とすこともなくなりました。さすがに4度目なので、編み図と編み方を熟知したのもあるとは思いますが、糸によってこんなにも変わるものかと驚いてます。今までのアルパカ100%毛糸は前にも使ったことがあり手触りが気に入ったので、できればこの糸でこのショールを編みたかったのですが・・・。糸と編み方の相性とか、やっぱあるんだろうなぁ。新しいほうの糸は編みやすいんだけど、玉の状態の色と編んでからの色がちょっと変わった気がして残念。あ、でも室内と外とかでも変わりそうな気もする・・・。どうなんだろ?室内で見る限りでは「ちょっとレトロなグリーン」といった感じで、好きな色ではあるけれど編みあがった後の全体の感じがどんな風になるのか想像できません。大丈夫かなぁ(笑)減らし目もどんどん進んできてるので、編み終わるのももうすぐ?出来上がるのが楽しみです。
[PR]
by assami-db | 2005-09-07 23:26 | 編み物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dbtletcetc.exblog.jp/tb/2659054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< パイナップルを切る! ハモス >>