ブログトップ

torontolife etc etc etc

dbtletcetc.exblog.jp

super dogs

c0026377_9134416.jpg今週の月曜日にCNEで行われたドッグ・ショーを見てきました。障害物の置かれたステージを見ながら、どんなことをするんだろう?とわくわくして待っていると、やたらノリのいいMCのおじさんが現れて、まずはショーに出る犬の紹介から。犬は現れるたびに全速力で障害物を飛び越えながらステージを半周するのですが、小さな犬も大きな犬も、まるで弾丸のような速さです。

c0026377_9161849.jpgその後、手前が低く、奥が高くなっている5つの違う高さの障害物を犬たちが飛び越える芸を見せてくれました。きちんと仕込まれた犬でもやはり恐怖感とかはあるようで、障害を飛び越えるのは無理!と判断した犬は障害物の横をスルーしたりして、完璧じゃないところもまたかわいらしい。ちなみに小型、中型、大型と犬の大きさ別に見せてくれるのですが、次のサイズに映るたびにMCのおじさんが、もっと障害物を高くしたいかと観客に聞いてきます。おじさんが「3,2,1・・・」とカウントダウンすると観客がいっせいに「ハイヤー!!(higher)」・・・MCに負けず劣らず、観客もノリがいいです(笑)一番大きな犬(写真右:これでもまだ1歳半だそう。)が余裕で飛び越えた後に大きなブルドックが現れて、付き添いの人いわく、同じ障害物に挑戦すると。MCはすかさず、「このスイカに足が生えたみたいなのが?!」と突っ込みを入れてましたが(笑)、そのとおり全ての障害物を壊して進むというオチでした。

c0026377_9165699.jpgこの次に2匹の犬のダンスショーがあり、最後がお待ちかね(?)ドッグレースです。観客席はステージを挟んで左右にあるので、ホットチームとクールチームに分けてレース開始。いや、これがけっこう白熱するんですよ!スピードがあるからかなぁ?もうどちらのチームも大声張り上げて応援していました。
全てのショーが終わった後は、犬がステージに残ってくれるので、間近で見たり触ったりできるのも良かったです。もちろん全部触ってきましたが(笑)ブルドック、すごいでかかったです。あと毛の無い犬もいて、顔を見るとなんだかアシカみたいでかわいい。体をなでると、直接肌に触ることになるのですごい不思議な感触でした・・・。ああ、そうそう。かっこいい外国種の犬たちにまぎれて、なんと柴犬が出ていたんですよ!同じ日本産ということで、嬉しかったです(笑)
ちなみに、このCNEはよく展示会なんかに使われるのですが、敷地内にあるEXは夏の終わりに2週間ちょっとだけ開園するというちょっと変わった遊園地。今年は8月19日から9月5日まで開催しています。ドックショーは毎日1時、4時、7時半の3回公演。他にも曜日によってホース・ショーとかあるみたいですので機会があったらぜひどうぞ!
[PR]
by assami-db | 2005-08-26 09:19 | toronto | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dbtletcetc.exblog.jp/tb/2575610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 1ヶ月後には日本 びびった。 >>