ブログトップ

torontolife etc etc etc

dbtletcetc.exblog.jp

チャーリーとチョコレート工場

「Charlie and the Chocolate Factory」を見てきました。
ずいぶん前に雑誌でこの原作が紹介されていたのを見て以来、ずっと読みたいと思っていたので映画は楽しみにしていました。(本はいまだに読んでません:笑)

映画を見る前に、テレビで1971年に作られた映画「Willy Wonka & the Chocolate Factory」を見ることができたので、それと比較しつつ楽しむことができました。
まあ、原作があるので当たり前ですが、内容はさほど変わらず。でも登場するキャラクターの基本設定はそのままで、そこに現代風な味付けがされてたのは良かったです。チャーリーの家とか、ティム・バートンらしかったし。

ウォンカ役のジョニー・デップはマイケル・ジャクソンのしゃべりかたを真似たそうで、妙な感じで笑えました。実際似てるかどうかは・・・あんまりマイケル・ジャクソンがしゃべってるところを最近聞かないのでわかりませんが、こっちのお笑い芸人が彼の物まねをしてるのを思い出したのは確かです(笑)

映画館は思ったより子どもが少なかった気がしますが、隣に座った女の子は楽しそうに映画を見てましたよ。私もとても楽しめました。

そうそう、映画といえば先日「皇帝ペンギン」も見てきました。日本版はもとのフランス版にならってペンギンがしゃべるようになってるみたいですが、こちらはセリフは一切カットされて、モーガン・フリーマンの語りのみだったので、もっとドキュメンタリーっぽい感じでした。すごく人間らしいしぐさをするペンギンたちの行動はすごく面白かったです。
[PR]
by assami-db | 2005-07-20 23:54 | movie | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dbtletcetc.exblog.jp/tb/2325586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 初フィルダー Ontario Place >>